スマホの台頭で何が変わったのか

あなたはスマホを持っていますか?今では誰もが一台は持っているモノといっても過言ではなく、私たちの生活に深く広く浸透していると思いますが、その歴史はまだ浅く、おそらくまだ20年も経っていません。ガラケーの方がまだ歴史が長いでしょう。

 

それなのに今ではもう無くてはならない存在になっていて、良い意味でも悪い意味でも私たち人間の文明に大きな波を引き起こしました。ただ、ガラケーからスマホに移ったことで何か目に見えて大きな変化があったかというと、意外にそうでもないと思います。

しかしそれでもスマホは様々な部分で私たち社会に大きな変化をもたらしました。このブログではそんなスマホについて、色んな視点から見ていきたいと思います。

 「すべてがスマホの中に」

アプリ

スマホの台頭によって目に見えた大きな変化は起こりませんでしたが、私たちの生活はすべてスマホの中に集約されていったように思います。例えば、支払い関係ですね。ApplePayなどはもう王道でしょう。

他にも水道光熱費がスマホで支払いできたり、ネットショッピングもスマホでクレジット決済できたり、今の生活のありとあらゆる支払いをスマホ一つでできるようになりましたね。

 

また、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどは、生活そのものを集約していますね。日々どこかの誰かさんが今日は何食べただの、今日は何があっただの、いついつにこういうことがあるなど、生活自体をスマホの中に落とし込んでいます。

それにこれらのツールをコミュニティを形成するもので、人とのつながりもスマホの中に集約されていっています。

 

あらゆる手段がスマホの中に集約され、私たちはもはやスマホを使っているのか、それともスマホに使わされているのか、どっちなのかわからないぐらいに依存しています。

 

 「スマホのメリット・デメリット」

男

そんなスマホですが、デバイス自体についてあれこれ考えるというよりは、スマホによってもたらされたモノについてメリット・デメリットを考えるほうがいいでしょう。これについてはすべて挙げとキリがないのですが、ひとつあげるとすると。

 

例えば、情報発信のしやすさなんかですね。これは捉え方によってはメリットにもデメリットにもとれます。昔は個人が何か意見を持っていてもそれを世間に発信するには中々方法がありませんでした。しかし今ではSNSといって先に挙げたツイッターなどを使えば、不特定多数に向けて情報を発信することが可能になっています。

 

SNSの拡散力というのはものすごく、企業も広告ツールとして積極的に利用しているほどです。このように個人が集団に向けて情報発信できるようになったことで、キャリアアップであったり、コミュニティの形成であったり、ビジネスチャンスであったり、とにかくいろんな機会を得られるようになりました。

 

しかし、これは一歩間違えればデメリットにもなります。望んでいない情報が拡散して不特定多数の人に見られたり、SNSは匿名性が高いので、みんな躊躇なくバシバシ人を叩いたりして、集団が個人を煽ったり、いろいろと問題となることがあります。

 

  「スマホ一つで稼げる時代に」

お金

これも重要なことで、「私たちはスマホひとつで、そして個人で気軽に稼げる」ようになりました。別に起業したりするというわけではありません。もちろん起業するという点でもこのスマホは大いに役立ちます。

今でこそ起業家や個人事業主などは知られ、たくさん出てきていますが、一昔前は起業するにも大変労力がかかり容易なことではありませんでした。そこにスマホが出てきて一気に起業する若者が増えたって感じですかね。

で、起業意外にもスマホではお小遣い感覚だったり、アルバイト感覚で稼ぐことができます。そしてこういうやつは場所を選ばなかったり時間を選ばなかったりするので、日本の働き方を大いに変えてきました。

主婦などはわかりやすいですね。会社には出勤できないし、まとまった時間は無いけど、空き時間はポツポツあるという主婦がその空き時間を利用してスマホで稼ぐなんてことは今では普通になりつつあります。そんな感じで私たちはスマホ一つで稼げるようになりました。

 

スマホの台頭によって発生した問題もたくさんありますが、それ以上にたくさんの恩恵があるように思います。その部分を伸ばし、デメリットを改善していけば、スマホをもっと我々の生活を豊かにしてくれるでしょう。